学び

宅建の次は!登録実務講習を実際に受けてみて実態公開

宅建 登録実務講習

こんにちは!
ありがたい事に2017年の10月の宅建試験に合格したわけですが、僕は不動産業は完全に未経験です。
不動産の取引業務で2年以上の実務経験があれば、試験合格後すぐに宅建士登録を受ける事ができますが、未経験者は今回紹介する「登録実務講習」の受講が必須となります。

1ヶ月ほど自宅で専用のテキストで勉強し、2日間のスクーリングを行い、スクーリング2日目に修了試験を受けて、8割以上の合格点で晴れて宅建士に登録する資格がGETできます。

スクーリング?試験?8割以上?と、宅建は試験合格後もそんなに大変なのか?と思いそうですが、決してそんな事はありませんでした。

やすし

くそチートでした

今回実際に受けてきましたので、試験は難しい?事前の勉強はどの程度必要?など、その実態を紹介していきます!

2週間で宅建合格した実録記事はこちら

2017年の宅建資格に2週間弱で合格したのでプロセスを全部話します


続きを読む

韓国人が使いまくる「ㅎㅎ」「ㅋㅋ」はどんなニュアンスか解説

韓国 ㅎㅎ ㅋㅋ 笑いの違い

こんにちは〜!

出し抜けに最近好きな韓国人の女優(モデル)がいまして。。
이성경
이성경
이성경
かわいいですね。彼女は이성경(イソンギョン)!意地の悪い役もしおらしい役もするんですよ。これが。
冒頭からあれですが本文に一切関係ありません。いわゆるプロローグです。

ところで、そんなイソンギョンも1日に10回は使ってるであろう、「ㅎㅎ」「ㅋㅋ」の表現!
これ韓国語かじった人とゆうか、韓国人と連絡取ってる人は絶対目にすると思うんですが、これが何かと言うと、日本語で言うところの(笑)wwwに近い感じなんですね!

でも日本人がそう認識すると、ちょっとそれとは微妙に違う、ムズムズする部分を感じるので今日はそこを紹介していきます!

続きを読む

スペイン語を何ヶ月で理解できるか!留学経験者の体験を公開

スペイン語習得速度

ども!
今日は外国語ネタで話したいと思います!

僕は現在、旅行である程度困らない英語と、分からない単語を調べながらLINEやKAKAOで韓国人とやり取りできる韓国語と、電話やメールで分からない部分ありつつもわかるフリして意思疎通ができるスペイン語の3つの外国語を操っています。(操れてない)

できればこの記事は、これから海外に行く人(旅行以外のロングステイの方)に見て欲しい前提で書いています。

英語、韓国語、スペイン語と僕の馴染みのある言語がありますが、
英語は学校教育+趣味で、
韓国語は趣味で、
スペイン語は1年の留学で
それぞれ覚えてきました。

英語に関しては、結構平等に教育を受ける基盤があるので、基礎はバカでも培われますし、あとは個人の関心でその後の発達は変わると思うんです。

ですが、韓国語やスペイン語って学校では教えてもらえないので、そういった何も知らない新たに手をつける言語を覚えていく体感や、どのくらいで理解できるか等を今回紹介したいと思います!

続きを読む

Mensa試験を受けたので出題傾向等を大公開

MENSA試験を受けて色々公開

こんにちは!
大変ご無沙汰な更新になってしまいました!

さて!メンサってご存知でしょうか?

メンサ(英: Mensa)は、人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を主たる目的とした非営利団体である。高IQ団体としては、最も長い歴史を持つ。会員数は全世界で約12万人。支部は世界40か国。イギリス・リンカンシャーにあるケイソープ(英語版)に、本部(メンサ・インターナショナル)を持つ。

こんな組織です。
組織とゆうと、どのネット見てもフリーメイソンじみた?と言った認識が世間に多くあるようですが決してそんな感じじゃありません。

そんなメンサの活動目的や試験を受けてきた感想、(明かせる範囲の)裏側を今日は述べていきたいと思います。

続きを読む

2017年の宅建資格に2週間弱で合格したのでプロセスを全部話します

宅建2週間で合格

こんにちは!

やすし

この度晴れて、平成29年度の宅地建物取引士資格試験に合格しました!

嬉しい(T_T)

ちなみに今現在僕は洋服とデザインとゆう職種で、不動産に一切関係ありません。
人生で不動産業に携わった事もありません。なので当然、不動産従事者の一部に許される5点の優遇もありません。

ですが、2週間ほどの(弱)猛勉強でこの資格は習得できました。でもかなり危険は伴ってました。(当日まで合格する「確信」は無かった)

仕事柄、絶対的に宅建資格が必要な人間じゃなかったので、本気勢の人のように勉強する気力が保てなかったんですが、受けた試験には絶対受かりたいとゆう負けん気はあるので、そこで勝った気がします。
宅建を受けるに当たって、結構な数の経験談を読み漁ったので、いち体験談として見てくれた方の為になるように掲載していこうと思います。

続きを読む