韓国旅行の裏技!事前搭乗手続きを利用したら便利すぎた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
韓国 事前搭乗手続き

こんにちは。

この度久々に韓国に旅してきました。韓国に行くべくして韓国に行くのは2年ぶりです。(トランジットは多数)

福岡から韓国(ソウル)に行く際、金浦(キンポ)空港とゆう選択肢はなく、無条件に仁川(インチョン)空港になるわけですが、

仁川空港はご存知アジア最大のハブ空港ですので、混雑は凄まじいです。

ですが、韓国には日本にない「事前搭乗手続き」とゆうシステムがあり、これが本当に便利でした。

空港に着いてからの手続き時間は本当に10分程度でした!

事前搭乗手続きの情報は色んな韓国情報サイトに載ってますが、初体験の場合、不安もあると思うので、実際に利用してみた感想や手順を書いていきます。

絶対に絶対に利用すべきですよ!

韓国旅行の前に絶対知っておきたい事 飛行機編 革命的!事前搭乗手続きも紹介

事前搭乗手続き、その他諸々こちらの記事にも書いてますのでご一緒にどうぞ!

この記事では細かい情報のお届けではなく、実際の利用者目線での手順や戸惑った部分などをお伝えする事を目的としています。対象航空会社や、手続き可能時間等の情報については最新の情報を確認して下さい。

事前登場手続きって?

日本には無いサービスなので簡単に説明すると、空港以外の場所(都心駅等)で事前に航空会社のチェックインと、簡易的な出国手続きができるサービスです。

今回はソウル駅で手続きをしましたが、事前搭乗は、知らない人も多いし、利用できる航空会社も限られているので、すごくスムーズです!(混雑していない)

空港で、航空会社のカウンターに並んでチェックインして、荷物を預けて、保安検査場に並んで、出国手続きに並んで、、、って混雑具合にもよるけど、小一時間かかりますよね。

事前搭乗手続きは、これが15分もあれば完了します!さらにソウル駅で手続きする際にスーツケースも預ける事ができるので、そのまま手ぶらで観光して空港に向かう事ができます!

 

konestに詳しい情報が載っています!

事前搭乗手続き|konest

前提として、事前搭乗手続きではソウル駅から仁川空港までの交通手段で空港鉄道A’REXの直通列車(成田エクスプレスのようなもの)の利用が条件となります。

普通に便利なのでいいですよ!

僕は初日、仁川空港からソウル駅に行く際も直通列車を利用しました。早いし指定席だし、Wi-Fiあるし、荷物置き場もあるので最高です!しかも安い!

A’REXの乗り場はソウル駅の西側にあるんですが、事前搭乗手続きも同じところで行うので、最初に場所を覚えておくと安心できると思います。

 

また、事前搭乗手続きは飛行機の出発の3時間前までに行う必要があります!

航空会社のチェックインカウンターの稼働時間が5:20~19:00で、出国審査は7:00~19:00が稼働しています。なので早朝の便とかだと利用するのは難しいですね。

実際に利用してみた

では実際に利用した事について書いていきます!

まずはソウル駅(西側)へ

滞在先からソウル駅に向かうんですが、この事前搭乗手続きや、空港鉄道はソウル駅の西側にあります。

ソウル駅は広いので、タクシーとかで向かう際には必ず西側に降ろしてもらう様にしましょう。

「Seoul station west side」とか、ソウル駅(ソウルヨk(ッのような、小さいクのような発音))と伝えて、西側とかを翻訳して見せても通じると思います!

「Seoul station Airport train」とかでも通じるんじゃないでしょうか? ソウル西部駅(서울 서부역 |ソウルソブヨッ)でも大丈夫だと思います!

到着したいのはこの景色の場所です。

ソウル駅西側1

ソウル駅西側1

この写真見せて理解してくれる運転手さんもいると思うのでもしもの時はご活用下さい!

ソウル駅編

無事ソウル駅西側についたら、直通列車のチケット売り場と、事前搭乗手続きをするソウル駅都心空港ターミナルがある地下2階へ!

A'REXチケット売り場まずはこのカウンターでチケットを買います!カウンターに時刻表が出ています。直通列車はソウル駅から空港まで43分で到着します。本数は2本/時間ってとこです。

どの時間の電車に乗るかカウンターのモニターの時刻表を見せられながら選択できます。

好きな出発時間のチケットを買います。一般的に国際線の場合、2時間前に空港に到着する必要がありますが、事前搭乗手続きをしていたら、1時間前の到着でも問題ないと思います。(大きく迷ったりしない限り)

直通列車チケットチケットはこんな感じです。オレンジのカードを改札にかざします。ちなみにA’REXの直通列車はT-MONEYカードが使えません。同じA’REXでも一般列車(各駅停車)であればT-MONEYでの乗車が可能です。

このオレンジのカードは目的地について改札を出た後すぐのところにある専用の機械でデポジット料金(500W)の払い戻しができます。

チェックインカウンターチケットを買ったらチェックインカウンターへ。チケット売り場の右側にあります。

ここで搭乗券を発行してもらってスーツケースを預けます。

この日もほとんど混んでませんでした。(日曜日でしたが前に1組程度)

ちなみに荷物の重量がオーバーしている場合、ここで超過料金を払えないとかの理由で荷物を預けられなくなるようなので気をつけて下さい!スーツケースを預けられなかったら意味がありません(T-T)

手続きが完了したら、荷物のチェックが行われるので5分程待つように言われます。適当にそこらのベンチで待ってたらOKです!

荷物に問題があれば呼び出されますが、5分程特に何も言われなければ問題なしです!

ここで荷物を預けたら、次は日本国内の到着空港で受け取るのみです!

出国審査荷物に問題がなければ(5分程経過したら)、この出国審査へ向かいます。

こちらもスムーズで待ちはありませんでした。

簡易的な出国審査と言った感じです。パスポートに出国スタンプは押されません。

搭乗券にスタンプを押されます。このスタンプが事前搭乗手続きを済ませた証になります。

 

ソウル駅での手続きは以上です!この出国審査を終えたら、外に出て観光するなり、直通列車で早めに空港に向かうなり、自由に動けます!

 

ちなみに僕は直通列車の時間まで4時間ほどあったので、A’REX一般列車ですぐに行ける弘大(ホンデ)で時間を潰したのですが、楽しすぎてわざわざソウルに戻って直通列車に乗るのが面倒で、ホンデから一般列車で仁川空港に向かいました。

つまり、直通列車に必ず乗る必要はなく、直通列車のチケットの購入は必須ですが、空港へは好きな方法で向かってOKです!

仁川空港編

仁川空港についてからですが、この事前搭乗手続きのいいところはズバリ空港で時間を要さない事です!

一応空港でも手荷物検査(保安検査)と、最終的な出国手続きが必要ですが、行列に並ぶ必要はなく、事前搭乗手続きを済ませた人や、空港職員、パイロット、CAが利用する専用ゲートを利用する事ができます。

すいません。写真撮り忘れました。が、案内版は撮りました。

仁川空港専用ゲートこの右下の景色を覚えていたら大丈夫です。青が一般の保安検査で、黄色のゲートが専用ゲートとなります。

airport-gate図解するとこんな感じです。

ここも一般の列は長蛇だったに関わらず専用ゲートの列は本当に短かったです。保安検査(手荷物検査)で待った時間は5分ないくらいでした。

保安を抜けると、左の方に専用のイミグレがあります。

このイミグレなんですが、無人のカウンターがたくさんあるんです。これは自動化手続きした人が使えるんだと思います。

僕も意味が分からずとりあえず無人のとこから進もうとしましたが、当然ながら事前に自動化登録してないのではじかれました。

無人のイミグレの更に左に有人のカウンター(出国管理)があったのでそこから通過しました。

ここも待ち時間は0分でした。

なので仁川空港で、保安検査と出国審査にかかった時間は10分未満でした。

素晴らしくスマートに出国できました。混雑イメージのある仁川空港なので感動でしたね!

 

 

以上、韓国で利用できる、「事前搭乗手続き」について紹介しました。

馴染みがないものなので、初めての方は不安があると思います。(何かトラブルがあったら渡航に関わりますからね)

でも、実際利用すると荷物も預けられるし、何よりも行列に並ばなくていいしで、本当にストレスフリーです!

ぜひとも利用してみて下さい!

質問があれば覚えているうちなら答えられるのでコメント下さい!

それではよい韓国旅を☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*