2017年K-POPが日本と諸外国で何故人気なのか新参ファン目線での考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
K-POPがなぜ人気なのか考察

こんにちは。

だしぬけですが、僕は韓国の音楽文化に無頓着な方でした。

 

この投稿のトップ画像にNCT127を使ってるのに、 一世を風靡し続けるBIGBANGが何人組なのか、メンバーは誰なのかは一切知らない、極度の情報つまみ食い体質です

(知名度BIGBANG>>>>>NCT127)


周りにもK-POP文化ラバーは多いですし、もはやBIGBANGやKARA、少女時代、東方神起、遡ればBoAなどなど、もう日本にK-POP文化はしっかり染み付いてますが、何故ここまでK-POP文化が日本で(だけではないアジア諸国ましてや欧米も)受け入れられるのかを新参なりに新参目線で考察しました。

 

ちなみに今の僕はTWICE、NCT127、BTS、SISTARが推しZONEです^^(なんで解散したんだ)

 

 

その1:圧倒的なクオリティ

これが全てと言うか他に特記事項はないのですが、韓国はデビューまで凄まじい期間の(かつスマホ禁止だったり)練習生時代を過ごすのが当たり前です。長い人は100年とか。

歌が(完璧に)できて、ダンスが(完璧に)できて、恐れるものがない状態で世に放つのが韓国の芸能事務所のやり方。

結果、視聴者やファンには完璧なものを提供してくれる。

日本は、ファンがアイドルやアーティストを育てるような感覚、成長を見守っていく感じが文化ですが、その違いもあってクオリティ重視でものを見たい人にはK-POPがうけるのかと思います。

(韓国では近年PRODUCE 101なる国民がプロデューサーって手法まで出てきて、日本事務所のやり口も兼ね備えました^^)

さらには練習生をチラ見せしてデビュー前からファンを獲得するとゆう、都内某所でおなじみのASAYAN手法も最近では主流です。
やれる事しっかりやってます。

produce-101 Produce-101-Season-27

 

 

その2:アジア人だから

上に記載のように完璧なコンテンツを見たかったら欧米でいいわけですよね?

アリアナグランデなんてとんでも芸達者ですし、人口もいればエンターテインメントの最先端突っ走ってる欧米諸国のコンテンツを見たら、クオリティ重視でものを見たい気持ちを綺麗さっぱり解消してくれそうです。いや、してくれます。

でも、何故K-POPを選ぶかは、やはりアジア人だから!(そう!)

やっぱり時分と同じ人種のアジア人の魅せる姿は共感を持てるし文化として近しい部分もあると思うのです。

とゆうより、ジャスティンビーバーやアリアナグランデ、ブルーノマーズだと、あまりにも遠すぎるのです。(物理的距離も精神的距離も)

 

K-POPスターが近しいかと言うとそうゆうわけではないけども、物理的距離の近さ(コンサート、イベントに行きやすい。来日チャンスも多い)、そして人種が一緒がゆえに、対象のアーティストを恋人妄想、妹妄想、兄妄想、弟妄想と、そういった妄想が西洋人相手より捗る。これにつきます。

 

そして韓国人って歌がうまいんだよな。洋楽をガチで歌いこなすんだよな。

なんでそんな音感DNAが日本人には乏しいのだろ。もちろん素晴らしい人いますがフィリピン、韓国の方がアジアで飛び抜けてるイメージ。

 

SISTARのHYOLYNの洋楽カバーはこちらです。(腰抜かす)

 

 

 

その3:日本の芸能界がちゃんとしたコンテンツを出さない

これはほんとに個人的見解ですが、これも上記その1、その2に続く事ですが、

日本の芸能界は果たして完璧なものを出す気があるのかな?と思う事があります。

1998年に宇多田ヒカルがAutomaticひっさげてデビューした時はとんでもねー衝撃ものでした。

けど、最近すごくいいと思える(感動できる)コンテンツが少ない気がするわけです。(個人的あれです。)

AKBグループも嫌いじゃないですし、マーケティングとして賢いけど、クオリティの高いダンスと歌か?と考えるとパフォーマンスは別に、、だと思うし、そうゆうつもりで売り出してるわけですし、、、

日本の芸能界は、ちょっと足りてない(応援してあげたくなる)、可愛い(性別問わず)、とかそうゆうのに天秤が傾いてる気がします。

一方韓国は、完璧な歌、完璧なダンス、スタイルの良さ、ビジュアル(メイク映えする且つそれは性別問わず求められる)だと思うので、ターゲットとゆうか、国のエンターテインメントの方向性が違うなとゆう感じがします。

このエンターテインメントの方向性は時代によって巡っていく気はしますが。

 

頑張れ電通!

 

 

 

 

そんなわけでK-POPとわりと真剣に向き合って数ヶ月、何故こんなに人気なのか?

の解析でありました。

 

 

 

 

最後に余談ですが。。
fighting-girl
ユンソナ
僕の韓流ブールの歴史は意外と古く、小学生の頃、ユンソナが日本デビューして、ファイティングガールとゆうドラマに深田恭子と出演したのを見た瞬間に心奪われ、小学生の時分ではこの人と結婚するとわりとガチめに心に決めて、その日のうちに図書館に行き、韓国語書籍を借りあさり、小学生でも1日でハングルの読み書きができるようになったので、あの記号のような文字の勉強は非常にオススメします。

(意味は分からなくても読めれば旅でも役立つ)

 

 

 

アンニョン^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 秘密結社まゆゆ より:

    韓国の練習生について「長い人は100年とか」という記述がありますが、これは「10年」のほうが正しいでしょう。練習生の期間が100年もあったら、人生が終わってしまいます(笑)。

    1. YASUSHI より:

      デビューが厳しすぎる韓国芸能界へのジョークだったんですけど、分かりにくくてすみません。笑

コメントを残す

*